ギターケースの選び方

クラシックギターは薄い木でできています。
表面の板は2~3ミリしかありません。そのためソフトケースは不向きです。

かつては重い木のハードケースが主流でしたが、現在はいろいろなケースが出ています。

使いやすいのは軽くて丈夫、雨にも強いセミハードタイプのライトケースです。

ショルダーベルトがついているので、リュックのように背負えます。
楽譜が入るポケットも重宝します。



[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-07 21:11 | ギター入門 | Comments(0)
<< ギターに最適なチューナー選び はじめに必要なもの >>