譜面台

クラシックギターは楽譜を見て練習をしますので、譜面台が必要です。
折りたたみ式のもので十分ですので、是非そろえましょう。

譜面台は一度買うとそう買い換えるものではありません。
安すぎるものは避け、作りが良いものを選ぶと後悔しません。

ページが閉じないように譜面ストッパーが付いていると便利です。
ない場合はクリップで止めてみましょう。

ソロの演奏では暗譜して演奏することが暗黙の了解になっています。
これは19世紀の大ピアニスト、リストが始めてからのようです。
ですが暗譜に不安があれば、ステージでも譜面台を使って構わないと思います。




[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-12 20:53 | ギター入門 | Comments(0)
<< 爪の手入れ 足台選びのポイント >>