爪の手入れ

クラシックギターは右手の爪を少し伸ばして弾きます。
左手の爪は長いと押さえづらいので短くしておきましょう。

爪の手入れのポイントは、右手の爪には爪切りを使わないということです。
二枚爪の防止になります。

爪の形を整えるのには、目の細かい金属かガラスのヤスリを使います。
その後、紙ヤスリ(耐水ペーパー)でツルツルに磨いていきます。

爪をキチンと磨くと、まろやかな良い音が出ますので是非試してくださいね。






[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-13 22:09 | ギター入門 | Comments(0)
<< ギター発祥の地 譜面台 >>