大切な構え方

ギターを弾くのに、まず大切なこと。
それは構え方です。

上手くなるとはラクに弾けることです。
リラックスして構えられることが上達への第一歩です。

イスには浅く座ります。
左足は足台にのせますが、右足は広げて少し後ろに引きます。
左右の足が前後になっていることがポイントです。

クラシックギターは上体が安定していないと弾きにくいです。
体が傾いたり、前かがみになりすぎると手もよく動きません。

構えたら両足で足踏みをしてみましょう。
上半身がまっすぐになるはずです。
試してみてくださいね。



[PR]
by ishikawaguitar | 2015-11-17 01:20 | 上達のコツ | Comments(0)
<< 右手のフォーム 秋の体験レッスン >>