カテゴリ:管理( 2 )

ギター管理の基本

ギターは定期的に弾くのが一番です。
ケースにしまいこんでしまうと、鳴らなくなります。

人が不快なことは、ギターにも好ましくありません。
直射日光やエアコンの風は、当てないようにしましょう。

弾き終わったらケースにしまうと安全です。
倒してしまうなど不慮の事故を防げます。

湿気はギターの不調の原因となります。
押入れの中や水回り近くに置くことは避けましょう。
長期弾かない場合は、弦もゆるめておきます。

[PR]
by ishikawaguitar | 2015-10-04 23:21 | 管理 | Comments(0)

ギターの手入れ

ギターの手入れは、弾き終わったらクロスでふく。
通常これだけで十分です。

クラシックギターの塗装はデリケートです。
やさしくぬぐうといいでしょう。

汗は塗膜を傷めます。
ネック裏や12フレット下の側面板などは、手がよくふれる部分です。
忘れずにふき取っておきましょう。

汚れが気になる場合は、ハイテククロスを使うとキレイになります。


[PR]
by ishikawaguitar | 2015-10-03 22:13 | 管理 | Comments(0)