<   2015年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ワインダー

弦の交換は、ついおっくうになりますね。

そんな時にあると便利なのがワインダーです。

これがあるとラクに早く弦の交換ができます。

ただ巻き上げの際は注意しましょう。
巻きすぎてしまうと、弦が抜けてギターを傷つけます。

私は弦をはずすときだけ使っています。

回しやすく、ペグ(糸巻のつまみ)に負担がかからないワインダーを選んでください。


d0336199_15222889.jpg
[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-30 23:55 | 便利グッズ | Comments(0)

弦交換時の注意

クラシックギターの弦の交換は、1本ずつ行います。

まとめてはずしてしまうと、ナットとサドルが取れてしまいます。
ナットはヘッド側、サドルはブリッジで弦を支える白い部品です。

1本ずつ替えていけば、途中でわからなくなっても隣を見ればすみますしね。

あと弦の交換は練習の後にしましょう。

ナイロン弦は安定するのに時間がかかります。
交換すると最低まる一日は使えません。

フレッシュな弦に替えると気持ちもあらたまりますね。



[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-29 21:25 | | Comments(0)

糸巻きへの弦のつけ方

糸巻きに弦を巻く方法とコツです。

まず糸巻きのローラーの穴に弦を通します。
そうしたら弦の先を引っ張りながら元の弦に2回からげましょう。

あとはそのまま巻くだけです。
ギターを構えた状態で左回りに巻いていきます。

ここで注意したいのは巻いていく向きです。

1弦と6弦は穴の外側、2~5弦は内側に向けて巻いていきます。
これは弦の角度がきつくなると鳴りに影響が出てしまうからです。

弦のはみ出した部分は、3センチほど残してカットしましょう。
雑音の原因となります。私は爪切りを使っています。

d0336199_00171674.jpg
[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-28 00:28 | | Comments(0)

クラシックギターの弦交換

古くなった弦は良い音がしません。
音がバテてきたら新しい弦と交換しましょう。

交換の際は、ブリッジから先に弦をつけます。
ブリッジとは表面板で弦を留める板のことです。

注意したいのが高音弦の弦のつけ方です。

特に細い1弦がすべって抜けやすいです。
必ず3回からげましょう。
弦が抜けてしまうと表面板に傷をつけてしまいます。

2・3弦は2回、4~6弦は1回ないし2回からげます。

弦が止まっている位置が、ブリッジの角の後ろ側であることも大事です。
上面で止まっていると巻き上げた際に抜けてしまいます。

d0336199_00574074.jpg
[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-27 00:48 | | Comments(0)

弾きやすくする工夫②-弦高を調整する

ギターの弾きやすさは弦高に左右されます。

弦高が高いと押さえにくいです。
弾きにくいとギターを楽しめないですよね。

クラシックギターの適正な弦高は、1弦で3ミリ、6弦で4ミリです。
低音側が広いのは、弦の振幅が大きいからです。

弦高を簡単にチェックするには、1円玉を使います。

1円玉の厚みは1.5ミリです。
2枚重ねて1弦側12フレットの弦とフレットの間に入れてみます。
ぴったりなら弦高3ミリで適正ですね。

たいていは弦高が高めになっていることが多いです。

専門店等でプロに調整してもらうと弾きやすくなります。


[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-26 00:57 | ワンポイントアドバイス | Comments(0)

弾きやすくする工夫①-ポジションマーク

伝統的なクラシックギターにはポジションマークがありません。

でも、それではとても弾きにくいです。
ポジションマークは必ずつけましょう。

お勧めは7フレットに一カ所です。
文具の丸シールなどを指板のサイドに貼っておけば大丈夫です。
3mmくらいの大きさが使いやすいでしょう。

もともと5、7、10フレットにポジションマークが付いている場合もあります。
これは♯や♭が付かない音が、このフレットに集まっているからです。

5、7、10フレットの音を覚えるとギターの譜読みや演奏も格段に楽になります。

[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-25 00:37 | ワンポイントアドバイス | Comments(0)

練習を続ける方法

日々の積み重ねは、思いもしない大きな力になります。

でもやろうと思っても続かないことはありますね。

そこで習慣の力を借りてみましょう。
一説によると習慣化には13日かかるそうです。

2週間楽しみながら練習を続けてみるといいですね。

練習できた日はカレンダーか手帳に○をつける。
単純ですが励みになります。

小さな達成感を大切にしたいですね。






[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-23 23:55 | ギター入門 | Comments(0)

効果的な練習法

まとまった時間がないと練習できないと思っていませんか?

実はまとめて練習するよりも、少しずつくりかえした方が上達が早いです。
一回の時間は短くても構いません。

練習は食事や睡眠と似ています。
ためておくことができません。
週末にまとめてと考えずに、回数を増やしてみましょう。

もし一日時間が使える場合も同じです。
朝と夕方など回数を分けた方が効果的です。

練習は分割すると覚えておいてください。



[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-22 21:43 | ギター入門 | Comments(0)

練習の価値

ギターは誰でも手軽に始めることができます。
でもギターを弾くことがカンタンというわけにはいきません。

上達するには、やはり練習が必要です。

長年ギターを弾いてわかったこと。
それは「練習すれば必ず上手くなる」ということです。

当たり前だと思うかもしれません。
ですが練習の価値を得心したとき、練習が楽しくなります。

ギターを弾くことが楽しくなれば、いつまでも続けられます。

一生楽しめるなんて素敵だと思いませんか。




[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-21 23:28 | ギター入門 | Comments(0)

練習環境を整える

「断捨離」がブームとなりました。
すっきりした環境だと物事に集中しやすいですね。

ギターを練習するにも環境を整えることが大事です。

大切なことは、ギターをすぐに弾けるように必要なモノをセットしておくことです。
あと気が散るものは片づけておきましょう。

イスと足台、譜面台をセットしておく。
そうすれば、ギターをケースから出して調弦するだけで練習することができます。

環境を整えれば練習の質も高まりますし、時間も有効に使えます。

[PR]
by ishikawaguitar | 2015-09-20 22:11 | ギター入門 | Comments(0)