12月になりました

早いもので今年もあとひと月となりましたね。

12月は池袋と日野の教室で、それぞれ新しく始める生徒さんがいて
今からとても楽しみです。

ちなみにレッスンの際のギターはお貸しできます。
ですのでお仕事や学校帰りでも手ぶらでレッスンが受けられます。


10月からスタートした金曜クラスの生徒さんから頂きました。

d0336199_22063729.jpg










お仕事でオランダに行かれたそうです。
オランダといえば古楽が盛んで、機会があれば是非行ってみたいです。

お仕事が忙しい中、ギターに励まれているのが素敵だなと思います。


[PR]
# by ishikawaguitar | 2015-12-01 23:00 | ギター教室 | Comments(0)

右手のフォーム

ギターを弾いて右手が動かしにくいと感じることはないでしょうか?

右指が動きにくい場合、手首が曲がりすぎていることが多いです。

試しに手のひらを上に向けて空中で指を動かしてみてください。
結構、器用に早く動くのではないでしょうか。
手首もまっすぐなはずです。
そのままひっくり返してギターを弾くとちょうど良いです。

手首が沈んでしまうと、音がしっかり出ません。
手首は少しだけ持ち上げると良いでしょう。



[PR]
# by ishikawaguitar | 2015-11-21 00:13 | 上達のコツ | Comments(0)

大切な構え方

ギターを弾くのに、まず大切なこと。
それは構え方です。

上手くなるとはラクに弾けることです。
リラックスして構えられることが上達への第一歩です。

イスには浅く座ります。
左足は足台にのせますが、右足は広げて少し後ろに引きます。
左右の足が前後になっていることがポイントです。

クラシックギターは上体が安定していないと弾きにくいです。
体が傾いたり、前かがみになりすぎると手もよく動きません。

構えたら両足で足踏みをしてみましょう。
上半身がまっすぐになるはずです。
試してみてくださいね。



[PR]
# by ishikawaguitar | 2015-11-17 01:20 | 上達のコツ | Comments(0)

秋の体験レッスン

東京の空気も冷たくなりましたね。

カゼが長引き更新が遅くなりました。
みなさまも体調管理にはお気をつけください。

10月は2名の生徒さまにご入会いただきました。
新しい生徒さんとの出会いはうれしいものですね。
無料の体験レッスンは引き続き行っています。
興味のある方は是非ホームページからご予約ください!

次回から初心者の練習法と上達のコツを書いていきます。


d0336199_15143416.jpg










辛いものを食べるとカラダが温まりますね。
火曜日のレッスンで生徒さんから頂きました。
京都のお土産だそうで、ありがたいです。




[PR]
# by ishikawaguitar | 2015-11-12 15:41 | ギター教室 | Comments(0)

タブ譜とは?

タブ譜は図式記譜法のことです。
正式にはタブラチュアといいます。

エレキやアコースティックギターでは、おなじみですね。

タブ譜は、音ではなく押さえるフレットを記しています。
そのため楽譜が読めなくてもギターを弾くことができます。

クラシックギターも昔はタブ譜でした。
五線譜に変わったのは古典期以降です。
音の流れを書き分けるには、五線譜の方が優れていたからです。

とはいえハイポジションを多用した曲や変則調弦の曲では、
タブ譜があると便利だなと思うことがあります。

[PR]
# by ishikawaguitar | 2015-10-20 00:56 | ギター入門 | Comments(0)